残された子供たちは嘆くこともなく学校へ行き
何事もなかったかのように普段と変わらぬ生活を

送ってくれています。

 

しかし、それは上手く言葉にすることができず、

感情の表現の出し方さえわからないでいるだけです。

 

パパやママの泣いている姿を見て、、、

「僕が頑張らなきゃ」
「私がパパを守ってあげよう」
「ママを困らせてはいけない」そんな純粋な思いから
子供達は「子供」の姿をしながらも「大人の役」をやり始めます。

 

いつしか子供の心の中にあるコップの中の「ガマン」が溢れ出すと、

それは日常の中の気になる行動や、体、心の病や暴力として出てきます

                             

                             子供の心の状態を知っておくこと、子供が出しているサインに気づく

                             ことも大切です。                             
                             パパ、ママ自身もパートナーを失い辛くて仕方がないのです。

                             そんな時には子供の心の専門家に助けてもらいましょう。



    
                                     ゆっこの  癒しの子育てネットワーク

  

                                                                     

                                癒しの子育てネットワーク神奈川

 

 

                                                                        子どもグリーフサポートステーション